ジマトラ 通販プログラム

レビトラ・ジェネリック(ジマトラ)20mg

レビトラ・ジェネリック(ジマトラ)20mg

ジマトラ商品詳細

ジマトラは、最強のED治療薬ともいわれているバイエル社から製造・販売されているレビトラ錠のジェネリック医薬品です。ジェネリック医薬品の製造で有名なジマー・ファーマ社によって日本人向けに製造・販売されています。初めてED治療薬を使用する方にも優しい仕様で、日本語の説明書が付属しているため安心して服用することができます。

ジマトラは、1錠に有効成分のバルデナフィルを20mg含有しています。日本人に推奨されているバルデナフィルの用法では、1錠の半分の10mgでも十分に勃起誘発効果あらわすので、半分に割って服用するだけでも強い勃起を得ることができます。

バルデナフィルは、一般的なED治療薬と同じホスホジエステラーゼ5阻害薬といわれるお薬で、勃起を誘発するメカニズムもほとんど同じです。しかし、バルデナフィルは他のED治療と比較して陰茎に対しての作用が強く、より強力に陰茎を固く・強く・太く勃起させることができるので、最強のED治療薬と呼ばれています。

一般的なED治療薬のように、食後に服用しても勃起誘発効果が減少しないのも特徴です。空腹時に服用する必要がなく、普段通りの食事であれば食事をした後にバルデナフィルを服用しても問題ありません。ただし、食事に含まれる脂肪の割合が30%以上高いメニューの場合、ジマトラの勃起誘発効果が弱くなったり遅くなったりすることがあるので、注意してください。

また、ジマトラは性的刺激を受けることにより強力な勃起を促すお薬であり、催淫剤や精力増強剤ではありません。精液や精子の量を増やしたり、質を高めることもありません。感度を上げたり、性的欲求を高める効果もないので注意してください。

ジマトラの日本国内での購入

日本の医療制度では、ジマトラのようなED治療薬は保険適用にならず、全額自己負担で非常にコストがかかってしまいます。

ジマトラは日本の病院からは処方してもらうことができませんが、先発品のレビトラ錠20mgを10錠分処方してもらうのにかかるコストは、

  • 診察料・処方料:0~3,000円
  • レボトラ20mgの価格:1錠1,600~2,000円☓10錠=16,000~20,000円

合計で16,000~23,000円もかかってしまいます。

用法と容量

ジマトラの有効成分バルデナフィルの推奨されている用法は、以下の通りです。

  • 通常、成人には1日1回バルデナフィルとして10mg(0.5錠)を性行為の約1時間前に経口投与します。
  • 10mgの投与で十分な効果が得られない勃起不全患者に対しては、20mg(1錠)に増量することができます。
  • 高齢者(65歳以上)、中等度の肝障害のある患者については、本剤の血漿中濃度が上昇することが認められているので、5mg(0.25錠)を開始用量とし、最高用量は10mg(0.5錠)とします。
  • 1日の投与は1回とし、投与間隔は24時間以上とすること。