世界的に有名な低用量ピル(経口避妊薬)でアンジュと同じ成分・配合です。 低用量ピルは女性が自分で妊娠や出産をコントロールすることができる女性ホルモン製剤であり、低用量ピルを正しく服用できている場合の避妊率はほぼ100%です。

トリキュラー 通販ショッパー

トリキュラー21は世界的に有名な低用量ピル(経口避妊薬)です。 低用量ピルは女性が自分で妊娠や出産をコントロールすることができる女性ホルモン製剤であり、低用量ピルを正しく服用できている場合の避妊率はほぼ100%です。 女性ホルモンである卵胞ホルモン「エストロゲン」と黄体ホルモン「プロゲステロン」は、女性機能の発達、妊娠~出産、身体機能の維持などに関わる重要なホルモンです。 エストロゲンとプロゲステロンのホルモンバランスの変化により、生理や妊娠出産が成立するのです。 低用量ピルには少量のエストロゲンとプロゲステロンが含有されており、これらの女性ホルモンを少しだけ補充することでホルモンバランスを変化させて高い避妊効果を発揮します。 トリキュラー21にはプロゲステロン製剤のレボノルゲストレルとエストロゲン製剤のエチニルエストラジオールが含有されております。 トリキュラー 通販ショッパー
トリキュラーED(TriquilarED)
トリキュラーEDは、卵胞ホルモンと黄体ホルモン、2種類の女性ホルモンが配合されている経口避妊薬です。定期的に服用することで妊娠を防ぎます。
トリキュラーEDは、卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールと、黄体ホルモンであるレボノルゲストレルの2種類の女性ホルモンが含まれています。これらの女性ホルモンを定期的に服用することで、排卵に必要なホルモンの分泌量を減らします。排卵を起こらなくすると同時に、子宮頸管粘液の粘度を上昇させて、精子が子宮内へ入らないようにしたり、子宮内膜を受精卵が着床しにくい状態にすることで妊娠を防ぎます。
三相性の低用量経口避妊薬であるトリキュラーEDは、女性の生理的ホルモン動態に対応した薬です。

トリキュラー 通販ショッパー

◆効果
トリキュラーED
避妊
◆用法
トリキュラーED
1日1錠を毎日一定の時刻に定められた順に従って28日間連続投与する。
以上28日間を投与1周期とし、出血が終わっているか続いているかにかかわらず29日目から次の周期の錠剤を投与し、以後同様に繰り返す。


トリキュラー 通販ショッパー詳細>>トリキュラーED(TriquilarED)
ホーム 女性機能 低用量ピル・避妊ピル トリキュラー 通販ショッパー
ホーム 女性機能 更年期・女性ホルモン トリキュラーED
トリキュラーED3,854円〜
この商品のタグ:低用量ピル 避妊 血栓予防 生活習慣の改善 オメガ脂肪酸