トリキュラー21は世界的に有名な低用量ピル(経口避妊薬)です。 低用量ピルは女性が自分で妊娠や出産をコントロールすることができる女性ホルモン製剤であり、低用量ピルを正しく服用できている場合の避妊率はほぼ100%です。

トリキュラー クスリロイヤル 通販

低用量ピルには少量のエストロゲンとプロゲステロンが含有されており、これらの女性ホルモンを少しだけ補充することでホルモンバランスを変化させて高い避妊効果を発揮します。 トリキュラー21にはプロゲステロン製剤のレボノルゲストレルとエストロゲン製剤のエチニルエストラジオールが含有されております。 低用量ピルの具体的な薬理作用は、「排卵を抑制する作用」、「子宮内膜の増殖を抑える作用」、「子宮頚管(子宮の入り口)の粘液を変化させる作用」の3つです。 排卵を抑制することで卵子と精子の出会いを妨げ、子宮内膜を厚くさせないことで着床を妨げ、子宮頚管粘液の粘度を高めるで精子の子宮内への侵入を妨げます。 これらの作用により、非常に高い避妊効果を発揮します。 低用量ピルには少量のエストロゲンとプロゲステロンが含有されており、これらの女性ホルモンを少しだけ補充することでホルモンバランスを変化させて高い避妊効果を発揮します。 トリキュラー21にはプロゲステロン製剤のレボノルゲストレルとエストロゲン製剤のエチニルエストラジオールが含有されております。 低用量ピルの具体的な薬理作用は、「排卵を抑制する作用」、「子宮内膜の増殖を抑える作用」、「子宮頚管(子宮の入り口)の粘液を変化させる作用」の3つです。 排卵を抑制することで卵子と精子の出会いを妨げ、子宮内膜を厚くさせないことで着床を妨げ、子宮頚管粘液の粘度を高めるで精子の子宮内への侵入を妨げます。 これらの作用により、非常に高い避妊効果を発揮します。